細胞のがん化を徹底ガード│免疫力を高めて胃がん、脊椎狭窄症の治療

医者

がんのワクチン療法

毎日免疫細胞が体を守っています

病棟

体の中に細菌やウィルスに感染することでがん化した細胞は、毎日5000個ほどあるといわれています。にもかかわらず私たちが元気でいられるのは体内の免疫細胞が、がん化した細胞を排除しているためです。免疫細胞には役割分担があり、がん細胞を見つけ出して情報を伝達する細胞や、がんを撃退する細胞、攻撃しているものを元気づける細胞などがあります。そのような連携をしながら司令塔のような役割を担っているのが樹状細胞です。この細胞の活動を有効利用したがんワクチン療法の一つに樹状細胞療法があります。ノーベル医学生理学賞を受賞した教授などがこの免疫細胞を発見し樹状細胞療法の開発が試みられています。

代表的ながんのワクチン療法です

樹状細胞療法は、細胞のチームワークをうまく活用した療法となっています。樹状細胞は体に侵入した異物を常に監視し、がん細胞を見つけるとその細胞の一部を食べる事でがんの情報を入手します。その後、樹状細胞はリンパ節へ移動し、リンパ球にある攻撃を担う細胞にがんの情報を伝達し、攻撃するよう指令を出します。樹状細胞療法では、皮膚を初め広く分布している樹状細胞を活用し、全身を幅広く監視することができます。周辺に突起を伸ばすことができる形状をしていて、部位によってさまざまな種類の細胞があります。皮膚にいるランゲルハンス細胞やリンパ液中にいるベール細胞、脾臓やリンパ節の胚、胸腺にも分布しています。樹状細胞の発見により代表的ながんの免疫療法となっています。

Copyright (c) 2015 細胞のがん化を徹底ガード│免疫力を高めて胃がん、脊椎狭窄症の治療 All rights reserved.