細胞のがん化を徹底ガード│免疫力を高めて胃がん、脊椎狭窄症の治療

医者

知識がつく

定期的に検診を受ける

病棟

乳がんは女性ホルモンが関係したがんとされています。肥満の体型の方に多くみられるのが特徴としてあげられます。そのため自分が肥満体型の女性はとくに注意する必要があるでしょう。そして肥満体型を解消するように努力をしなければなりません。 また30歳をすぎると定期的に検診を受けることが大切です。定期検診をすることにより早期に発見することに繋がり早くに治療を受けることが出来て完治しやすくなります。 また乳がんの特徴として、乳房を触ったときに外側にかたいしこりを感じることがあります。 そのため日頃からかたくなっていないかなどを自分で調べることも出来ます。 出産経験がない方なども発症する確率が高くなりますので気をつけておくと良いでしょう。

乳がんになりにくい食品

乳がんは早めに発見しやすいがんですが、乳がんにならないように日頃から予防することも大切になってきます。 乳がんになりにくい食品を毎日の食事に取り入れるようにしたいものです。 とくに効果があるといわれるものにDHAがあります。細胞のがん化を防ぐ働きがあります。サンマやサバやイワシなどの青背の魚にたくさん含まれています。 その他にはダイズ製品や豆腐や納豆に含まれているフラボノイドも取り入れたい栄養成分です。 フラボノイドには女性ホルモンのバランスをととのえてくれる働きがあるのです。 出来るだけ毎日摂取するようにしたいものです。 そして乳がん予防にはビタミンも欠かせません。果物や野菜などからとれますので、バランス良く食べると良いです。

Copyright (c) 2015 細胞のがん化を徹底ガード│免疫力を高めて胃がん、脊椎狭窄症の治療 All rights reserved.