細胞のがん化を徹底ガード│免疫力を高めて胃がん、脊椎狭窄症の治療

医者

厄介な背骨の病気

病棟

腰部脊柱管狭窄症はとても厄介な病気です。この病気は腰部の脊柱管がなんらかの原因で圧迫されることにより足が痛くなる病気であると言われています。よく、ヘルニアと間違えられる病気ですが、全く別物なので注意をしないといけません。ちなみにヘルニアの場合は椎間板が飛び出して痛みを伴うもので若い男性に多いですが、腰部脊柱管狭窄症は背骨の老化によって起こる痛みで高齢者に多いです。いずれにおいても、かがむなどの姿勢が痛くひどくなると歩行困難に陥ることもあります。腰部脊柱管狭窄症であるかヘルニアであるかは、まず、問診は身体所見をしてもらうことで発見できます。ですから、腰に違和感があるような時は、専門クリニックに行って必要な治療を受ける準備をしておきましょう。

この腰部脊柱管狭窄症には現代医学では決定的な治療方法がありません。絶対的な薬もありませんし、手術をしても100%治るとは限りません。それなので腰部脊柱管狭窄症にかかった人がそれぞれいろいろな体験話を書いた本がでています。これで私は腰部脊柱管狭窄症から解放されました、などといったタイトルの本があります。そこで足が痛くなった人には一つ朗報があります。足が痛くなったら患部にシップ薬を貼るのです。根本的な治療法ではなくて、一時的ではありますが楽になります。いったん腰部脊柱管狭窄症という病気になるとつらい思いをします。けれども死病ではないのが唯一の救いです。それで治療法がなかなか見つからないのかもしれません。

Copyright (c) 2015 細胞のがん化を徹底ガード│免疫力を高めて胃がん、脊椎狭窄症の治療 All rights reserved.