細胞のがん化を徹底ガード│免疫力を高めて胃がん、脊椎狭窄症の治療

医者

知識がつく

病棟

乳がんは早期に発見しやすくまた治りやすいとされるがんですが、定期的に検診を受けることは忘れてはなりません。乳がんを予防出来る食品もたくさんありますので、毎日の食事にバランス良く取り入れるようにしなければなりません。

Read More

厄介な背骨の病気

病棟

腰部脊柱管狭窄症は背骨の老化によって起こる症状であり、高齢者に多く見られます。手術を受けないと改善されないと思われるかもしれませんが、最近は薬物療法や理学療法、神経ブロック療法などを用いることで改善は可能です。

Read More

早期発見の重要性

定期検診を受ける習慣が大切です

医者

胃がんの初期段階では、ほとんど自覚症状がないことが多いようです。だからといって、進行しても、異変を感じにくい病気であることから、気がついた時には重症化していることも少なくありません。 胃がんになると、胃の痛み、胸焼け、吐き気、食欲の減退などがあります。 ここでお気付きの方もいるかもしれませんが、胃がん以外でも、これらの症状を感じることがあるということです。 そのため、単なる胃の不調や不快感だと思い込み、病院での検査や治療を受けるどころか、胃薬を飲んで終わらせる、といったことも多いのです。 会社勤めの方なら健康診断があるので良いですが、それ以外の方でも、面倒臭がらず、年に一度は定期検診を受けるようにしたいところです。 仮に胃がんが見つかっても、早期発見であれば、結果的に治療にかかる費用も少なくて済むわけです。

お得に人間ドックを利用する

人間ドックを受けたことのある方なら、すでにご存知だろうと思いますが、決して安くはありません。 その理由は、保険が効かないからです。 日本では、一部例外があるものの、ほとんどは健康保険が適用されるので、かなり安く治療を受けられます。 ですが、人間ドックはあくまでも「治療」ではなく「検査」なので、どうしても高くなってしまうわけです。 ただ、工夫することで、わずかではありますが、費用を抑えることができます。 それは、検査内容が充実している病院を選ぶことです。 安いと謳っているところでは、主要な部分だけを診て、細かな検査を省略している場合があり、希望する方にはオプションという形にしていることがあるのです。 あれもこれもと追加しているうちに、金額が跳ね上がってしまうので、それならば最初から全身をくまなく検査してもらえる病院を選ぶ方が、料金が抑えられるのです。

がんのワクチン療法

病棟

樹状細胞はがん細胞を見つけ出して排除する際、司令塔としての役割があります。全身に広く分布しているため常時体内の異物を監視することができ、現在のがんワクチン療法の主流として樹状細胞療法が開発されています。

Read More

Copyright (c) 2015 細胞のがん化を徹底ガード│免疫力を高めて胃がん、脊椎狭窄症の治療 All rights reserved.